まぼろしのつんつろ

のんびり更新する米国株ブログ

リタイヤする前にやっておいてください

f:id:simplista:20200615001958j:plain

セミリタイヤでもアーリーリタイヤでも、普通のでもいいけど、

リタイヤするまでにやっておいてほしいこと 。

 

お金を貯めること。

もちろん、それも大事。

 

でも、それ以上に大事なのは、

人とのつながり。居場所づくり。

 

人は一人では生きてけない。

たとえどんなに独りが好きな人でも・・・

 

ヒトは一人で生きられるようにできていない

ヒトは何万年もの間、群れで生きてきた。

 

ヒトは他の多くの野生動物に比べて、足も遅く、腕力も弱い。

陸上では、ライオンとかオオカミといった肉食動物も多くいるし、

草食動物のシマウマやカンガルーですら脚力がすごくて、太刀打ちできない。

 

アクア仮説といってヒトはサバンナではなく、水辺で進化してきたというものがある。

海では、サメだけじゃなく、マグロとか、カツオにも太刀打ちできない。

道具があってはじめて戦えるようになる。

 

夜には本当の闇が支配していて、遠くではケモノの遠吠えが聞こえてくるような世界だった。

そんななかで、なんとか生き残れるように集団で生活をしてきた。

採集をしていても、一人では集めきれないから身を寄せ合って生きてきた。

その頃の記憶はカラダに刻みこまれていて、一人では、無意識のうちに不安や恐怖が襲ってきて耐えられない。

意識はよく氷山に例えられるけど、意識できない、海面の下にある無意識の部分が刺激してくるので、理由はわからないけどなんとなく不安になったりする。

 

最近では、マウスの実験でトラウマですら遺伝するってことが分かってきている。

文字も言語もない動物が知識や経験を忘れないようにするには、カラダに刻み込んで覚えるしかなかったから。

これは、手続記憶と呼ばれるもの。

自転車の乗り方とか、スキーの滑り方とか、楽器の弾き方とか、一度覚えたものは何年のブランクがあっても自然にできる。

あなたが理由もなく嫌なものは、これまでの先祖の誰かが抱えたトラウマのせいかもかもしれない。

 

もっと現実的な話をすると、技術が進歩した現代においても衣食住だって一人ではどうにもならない。

どうせ、頼らなきゃいけないんだから、頼って、頼られる関係を作っておいた方がいい。

 

人生の嫌なことの大半は人間関係だし、逆に良いことの大半も人間関係

すべらない話、っていう番組があるけど、出てくる話はみんな人に関するもの。

モノがどうしたっていう話を私は聞いたことない。

ヒトに関することが、私たちを喜ばせたり、怒らせたり、哀しませたり、楽しませたりする。

 

よく、リタイヤして時間ができてから人付き合いや趣味を見つければいいやって人が多いけど、

それまでにコミュミティとか人付き合いをしてないのに、急に友人が増えるわけがない。

本気出せばモテるって言ってる、中学生と同じ。

 

それに、年を取ってから急にモテ出すのって何かあるって思った方がいい。

「後妻業の女」って映画があるけど、いつの時代もお金に群がってくる人は多いので要注意。

証券会社とか百貨店の店員とかが良くしてくれるのは、あなたにお金があるうちだけ。

 

これは小学生の同級生の男子を見て、人生はお金じゃないと思った実体験がある。

小学校で転校してきたばかりの子が早く友達が欲しいからと、貯めたお小遣いやお年玉を使ってみんなにお菓子とかガチャガチャを買ってあげてた。その時は周りにすごい人が群がってたけど、ばらまきをやめた途端、みんなサーッといなくなってた。

小学生でもそうなんだから、大人は余計そうじゃないかな。

小学生が友達作るために、そうだお金をばらまこう!って普通考えないから、親とかがやってたことを真似してたんだと思う。

その子はもちろんだけど、私も小学生で気づかせてもらえたから良かったけど。

 

親世代を見ても分かるけど、普通に会社で働いて暮らしてきた多くの人は、

定年とかしても、結局は自宅でテレビを見たり、家庭菜園とかをしているだけになってしまう。

もちろん、そういう生活も全然ありだけど、何年も続けてると飽きちゃうよ。

それに、これからは未婚率も高くなっていくから、親世代以上に孤立が進んでしまう。

 

でも、何度も言うけど、本当に心から楽しめるのは、たいてい人と思いを共有できたり、認められたり、つながれたって思える時。

 

怒りも幸せも、カラダの中ではホルモンが出ている。

幸か不幸か、そういう風に私たちのカラダはプログラミングされている。

 

孤独は個毒

それに、孤独は死亡率を上げてしまうという研究結果も出ている。

特に、こころ=心臓がやられる。

さみしさから逃げるために、欠けたものを埋めるためにアルコールやタバコ、ギャンブルなどに依存する人もいる。

 

1日に女性は2万語、男性でも7千語しゃべってるっていう研究もあって、しゃべらないとストレスを感じてしまう。

女性も男性も、それだけ誰かと繋がっているようにプログラミングされている。

特に男性は、年を重ねるごとにプライドとかが邪魔して、新しいところには馴染みにくくなるから早めにやっておいた方が良さそう。

オレは偉いんだぞ!っていう迷惑な老人は男性の方が多い気がする。

本当は権力を持っていい人とダメな人がいるんだけど、日本の会社は年功序列だったからそういう人が出てくるのも無理はないんだけどね。

それに学生時代を思い出してもらうと、女性の方が友達作るの早かったでしょ?

 

ちなみに、孤独な時間は人生に深みをもたらすかもしれないけど、そう言ってる人ほど本当は孤独じゃないから。

特に作家とかは格好つけて言ってるだけで、才能ある人には勝手に人が集まってくるので真に受けないほうがいいよ。

 

なんでも良いのは最初の少しだけ

それにリタイヤだって、普通の人は数年もやったら飽きちゃう。

いや何年でも休み続けられるけどって人ももちろんいるけど、特殊技能。

 

なんでも良いのは最初の少しだけ。

学生時代の夏休みの一日目や、働いてる時の金曜日の夜も、わくわくがとまらない。

でも、非日常もずっと続けば、なんでもない日常に変わっていく。

 

特にセミリタイアとか、アーリーリタイヤとかは、自分は暇だけど、友人は働いてて忙しかったりするから、だんだんやることなくなる。

 

なんでこんなことを言うかっていうと、私がやってみてそう思ったから。

リタイアして1年目はもちろん最高。

だけど、楽しかったのは2年目くらいまで。

人生100年とすると、あと70年近くリタイヤ生活が続くかと思うと、飽きて耐えられそうにない。

だから、また働き出そうかと考えてた時にコロナが来て、今は延長戦に入ってるけど。

 

経済的に自立してると、働きながらでも、会社に束縛されすぎず、いつでも辞められる!っていうゆるい関係でいられる。

この、自分が好きな時にいつでも辞められるんだよね〜って状態になってるけど、仕事は辞めずに続けつつ、友人や好きな人と交流したり、趣味も思いっきり楽しむっていうのがバランスが取れてて一番いいのかも。

買い物とかでもそうだけど、実は選んでる時が一番楽しかったりするように、リタイヤもする直前が楽しかったりする。

もちろん、今の職場が超絶ブラックとかならすぐやめたほうがいいけど、

週数日だけとか、1年のうち春だけ働くとかでもいいから、自分は社会に役立ってる、必要とされていると実感できる場と関係を持っておくのは精神安定的には重要。

 

誰が言ってたかは忘れたけど、本当の自立って、いろんな人にちょっとずつ頼ること。

でも、誰にも頼ってなく自立できているというのはただの傲慢。

パートナー1人だけに寄りかかるのはただの依存。

若いうちはいいけど、年を取ってからだと後に残された方はつらすぎる。

(別に、不倫とか浮気をしろってことじゃないからね)

 

一度言葉を覚えて、人間社会で社会性を身に付けたら、もう後戻りは出来ない。

人は一人では生きていけないから、浦島太郎のように玉手箱を開けたくなってしまう。

そうならないように、うまい距離感で人と関わりながら、どうやって生きていくかに全力を使った方が良い。

 

最後に

もう一度言うけど、お願いだから、

リタイヤする前に、趣味でも何でもいいから、人とのつながりや、安心できる居場所を作っておいてください。

もちろん、リタイヤした後からでもいいけど、一旦離れると戻るのには多大な労力が必要になるよ。

 

ブログとかSNSじゃなくて、リアルの世界での話ね。

ヒトはデジタルじゃなく、アナログだから。

あなたも私も0と1だけでできてないでしょ?

(今はコロナがあって危ないから収まってからね。あとリアルの世界にはいい人もいるけど、残念ながら悪い人もいるから注意してね)

 

たとえそれが嫌な仕事から逃げるためのリタイヤでも、

好きな趣味をするためのリタイアでも、

リタイヤはゴールじゃなく、新しい生活のスタート。

 

リタイヤすれば嫌な人と関わる必要がなくなるけど、

あなたを喜ばせたり、心配してくれたりする人がいない世界は、

恐ろしいほどさびしく、そしてあまりにも長い。

 

人間関係は嫌なことも多いけど、嫌なものと一緒に喜びや楽しみまで捨ててしまわないでください。

 

リタイヤする道を見つけて、経済的自立を獲得できたあかつきには、

後悔なんかじゃなく、人生を満喫している、楽しげな顔を見せてください。