まぼろしのつんつろ

のんびり更新する米国株ブログ

バフェットさんの財布の中身は400ドル

f:id:simplista:20200902125342j:plain

バフェットさんが普段持ち歩いてる現金は400ドル。

日本円で4万円ちょっと。

 

98%は現金払い

バフェットさんは世界有数の大金持ちだから、現金を持ち歩かなくてもクレジットカード使ってるんじゃないかというと、そうでもない。

1964年からアメリカンエクスプレスのカードを持ってるよ。

でも、支払いの98%は現金だよ。

たとえばレストランだと、常に現金払い。そっちの方が簡単だからね。

(I've got an American Express card which I got in 1964.

 But I pay cash 98% of the time.

 If I'm in a restaurant, I always pay cash. It's just easier.)

Warren Buffett carries an American Express card and about $400 in cash

 

バフェットさんは長いことアメックスの大株主で、カードを使えば使うほど自分の利益が増えるのに、現金払い派。

しかもアメリカでは、大半を現金で払う人の割合は18%なので少数派。

 

持ってるクレジットカードも、アメックスではいちばんランクが低いグリーンカード。

ちなみに、親友のビルゲイツさんもグリーンカードらしい。

本当のお金持ちはクレジットカードで自分がお金持ちであることを見せびらかす必要もないし、付帯サービスの空港ラウンジやコンシェルジュサービスとかも必要ない。

 

ポイントの魔力 

現金で1%引きセールですと言われても見向きもしないけど、1%ポイントがもらえると言われると、買いたくなるから不思議。

「得る」と「お得」は同じ漢字をあてるように、昔から人は、自分の今あるお金が減らないことよりも、なにかを得たことの方をお得だと感じるのかもしれない。

 

ポイント投資が流行ってるけど、余ったポイントを投資するのはいいけど、投資を口実にそこまで欲しくもないものを無理に買ってないかは要注意。

 

クレジットカードは、消費が23%増える

クレジットカードを使うと23%消費が増えるというデータがある。

私もコロナで仕方なく電子マネーやカードを使ってるけど、やっぱり使用額は多くなっている。

消費が約2割増える? クレジットカードの落とし穴(花輪陽子) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

ネットショップは365日、どんな深夜に疲れて帰ってきても待っててくれている。

便利だし、価格比較して安く買える反面、ほしいと思った時に買い物ができてしまうから簡単にお金が出て行ってしまう。

さらに、最近は発送も早いから、やっぱいらないと思ってキャンセルしようとしても、発送済でキャンセルできなかったことも何度かある。

 

1~3%のポイントを得るために、本当はあってもなくてもいいものを買って消費が23%増えてたら本末転倒。

ネットショップで買ったものって、買っただけで満足して家の中でころがってることが多い。

 

クレジットカードはカード会社のための仕組み

カード会社の利益率の高さをみてもわかるように、クレジットカードは消費者のためじゃなく、いかに消費者にお金を使わせて、クレジットカード会社が利益をあげるかのためにつくられた仕組み。

 

自分の消費衝動をうまくコントロールしながら、この仕組みを乗りこなしてお得になる消費者と、

無駄な消費が増えたり、リボ払いにはまりこんでお金を吸い取られる消費者の2パターンがいて、すべての人に向いてる仕組みじゃない。

(ちなみに、私はカードを使うと消費が増えるので向いてない消費者の方)

 

向いてない場合は、一度現金に戻してみたり、現金でチャージしたSuicaとかのプリペイドカードを使ったりするといいかも(コロナが終息してからだけど)。

 

衝動買いしたくなった時は

私は、衝動買いしたくなった時は、アマゾンでログインしない状態で欲しいものを全部買い物カゴに放り込んでる。

買い物カゴを眺めると、こんなにあっても邪魔だからいらない、そもそも何に使うの、全部買ってもたいして心躍らないとか、途中で面倒くさくなってもういいやと思って、買い物熱が冷める。