まぼろしのつんつろ

のんびり更新する米国株ブログ

1000兆円持ってたらどの会社を買う?

f:id:simplista:20200906174535j:plain

【質問】

今あなたは1000兆円持っています。

あなたなら、このお金でどの会社の株を買うでしょう?

 

1000兆円なんて実感が全くわかなくて、ちょっとアホっぽい質問だけど、株なんてやらずに遊んで暮らすってのもなしね。

時価総額世界一のアップルでも250兆円くらいだから、1000兆円あればどんな企業の株でも丸ごと買収できる。

 

あなたはその企業を独り占めするワンマンオーナーになれます。 

そしたら、どんな企業を買うかな。

自分の好きな会社?有名な会社?

 

オーナーだから自分の好きなように経営できるけど、逆にトラブルの責任もすべて抱えなきゃいけない(ここではシンプルに考えるため、所有と経営は分離してるという話はなしね)。

すると、やっぱりアップルとか、マイクロソフトとか、アマゾンとか、グーグルとか、有望な企業からまず買うんじゃないかな。

 

たとえば、タバコ会社のオーナーになったら、減り続ける喫煙者、社会からの逆風、政治からの逆風、コロナという自然からの逆風。

若い世代ほど喫煙率が下がっていくので、将来世代にも期待ができない。

生き残るためにアルコールだけじゃなく、マリファナにも手を出さなきゃいけない。

さらにいつ集団訴訟を起こされるかもわからないリスクもあり、なかなかハードな舵取りが必要になる。

 

ちなみに、シーゲル本(株式投資、株式投資の未来)には、タバコ株のリターンはよかったってあるけど、あれは世界市場が開拓途上で、喫煙者数も右肩上がりだった黄金時代に、訴訟リスクとかで一時的に過小評価されてたから、うまいこといっただけじゃないかな。

まわりの状況があの頃とは違うことには気を付けとく必要がありそう。

(別にいますぐタバコ株を手放せと言いたいわけじゃなし、どの銘柄が絶対的に正しいなんて言うつもりもない。投資は「銘柄」と「投資手法」の掛け合わせだから。)

 

自動車が出てきた頃に馬車に投資したり、スマホ時代にポケベルやMDに投資したりは、なかなかのハードモード。

 

時代に取り残されるものと、いつの時代も変わらないもの。

子どもの頃にあったものが消えていくのはかなしいけど、その見極めは必要。